アンケート

ディック・峰
シンディ
チュパカブラ

用語解説集

医療系プレイ

医療系プレイ(いりょうけいぷれい) は、主にSMで行われる医学的知識・経験をもとにしたプレイです。いわゆる「お医者さんごっこ」も含まれます。
医療系プレイと呼ばれるものが発生した経緯
膣・肛門への挿入は長い歴史を持ち比較的簡便に行えることから、衛生面に配慮すれば誰でも行うことができますが、性的嗜好が複雑化してくる中で、医者が患者に行うような行為に性的興奮を覚える性的倒錯が出現しました。 女性看護師に対するフェティシズムと、子どもの遊びであったお医者さんごっこなども影響があるとされています。
また、医者は患者に対して権威的にふるまうことがあり、服を脱がせる、恥ずかしい姿勢を強要する(ドクターハラスメント)なども日常的なため、性的な妄想をかきたてるには充分であるといえます。
そのために医療器具を手に入れ、医療行為の真似事をする医療系プレイが一部の愛好者に好まれています。
実際のプレイ
包括する範囲が広く明確な切り分けは難しいのですが、下記に例をあげてみました。
  • 診察
    医者と患者、という状況を演出して行います。イメージクラブなどでもそういったコースが存在しているようです。患者役を裸にして性器や乳房への触診や剃毛を行うこともあります。治療と称して性行為を行うなどです。白衣を着て聴診器を持つなどコスチュームプレイ、性的ロールプレイの側面が強いといえます。大掛かりになると、分娩台に患者を固定して、性器や肛門への触診や異物挿入などを行う場合もあります。
    こうした医療器具を用いると医療系プレイと見なされることも少なくありません。

  • 治療
    診察後の治療と称して浣腸や性器・肛門の拡張や異物挿入、または低周波マッサージ器による刺激など雰囲気を楽しみます。また患者役が同意すれば滅菌済みの注射針を刺すなどする場合もあります。医者役に知識と経験があればカテーテルによる導尿も行うこともあります。 また、クスコや肛門内視鏡などで膣や肛門内部を観察する、膣や陰唇の正確なサイズを測りカルテに記入する、写真で記録するなどの行為も行うことがあります。
    ロールプレイを重視する場合には性交を行わずに患者役に強制的な性的絶頂を喚起し、医者役が冷静に観察することで羞恥心を煽るなどのバリエーションもあります。 殺菌や消毒を必要とするため性器や臍にピアスをすることもプレイの一部と見なされることもあります。

  • 処置
    治療後に包帯で患者役を拘束します。ポルノ雑誌のグラビアなどでは性器を隠さず顔や腕を巻くので束縛感と羞恥心が高まります。包帯の隙間に点滴を刺し雰囲気を楽しむこともあるのでコスチュームプレイの側面もありますが、医師免許を持たない者が行うと処罰の対称になる行為もありますので、各人の責任においてお願いします。
    浣腸後に成人用オムツをさせてそのままオムツ内に糞便を排泄させる、浣腸は行わず単にオムツに失禁・脱糞させる、など後始末の際に羞恥心を煽る場合もあります。(おむつプレイ)
注意点
針を刺す、注射をするなどは医療行為と見なされることがあるので医師法、脱法ドラッグなどを用いた場合は薬事法に抵触することになります。
また、充分な医療知識がないまま身体に傷をつける行為を行った場合は、怪我や感染症、怪我による後遺症など、取り返しのつかない事態になることがあるので充分な注意が必要です。
また、上記の針・注射などの行為はビザールクリニックでは一切行っておりません。

HOME | 出勤情報 | 料金 | ご利用の流れ | 求人情報 | お問い合わせ | ご利用規約・免責事項 | 体験漫画
アンケート | 使用器具説明 | 用語解説 |

PAGE TOP