アンケート

ディック・峰
シンディ
チュパカブラ

用語解説集

緊縛

緊縛は見た目もそうですが、縛る側、縛られる側、どちらにもSMの味わいを堪能できるということでは、まさにSM的なプレイともいえます。 縄で幾重にも縛られ身動きをできない状態で被虐の限りを尽くした調教を受けるというイメージは一般的にSMそのもののように思われているかもしれませんが、ここでは緊縛の歴史に簡単に説明していきます。

緊縛はそもそも拷問、刑罰として古くは日本で室町時代から行われていたもので、江戸時代の罪人の拘束にも多くの場合、縄による緊縛が用いられていました。
時代が経ち、捕縄術が発達するにつれ、どの様にしたら囚人が暴れるのを防ぎ、致命的なダメージを与えずにすむのかという研究が進みました。
当時の刑罰には市中引き回しなる晒し刑があったため身体の自由を奪い、逃げられない状態にするのは必須とする技術でした。 捕縄術が進歩するに従い、内容は高度に細分化されていきます。

その例としては罪人を縛り上げるときの身分や性別、年齢の違いによって結び目の結び方を変え、縄の通し方を異なったものにするなどがあります。 これは茶の湯(茶道)や生花(華道)あるいは日本武術、武道などのように動きに美麗を求める日本人独特の感性と、江戸時代という身分固定が生み出した必然的とも呼べる技術体系であるといわれています。

さて、人体のように不定形で個体差の大きいものは、縛るだけでは自由を奪うのは難しいとされています。実際に手首を縛ってみると、両手を束ねて縛っただけでは簡単にほどけてしまいます。
これは関節の自由度を考慮せずに縄をかけた結果であり、やはり緊縛には一定の技術・捕縄的な術が必要となってくるでしょう。
ただし緊縛の目的はあくまでも人間を拘束された状態で維持することで、あまりにきつく縛った結果、血流が阻害され健康を損なうといったことは絶対に避けなければなりません。
一般的には動きを封じるために関節で縛る、身体が動くことは結び目が緩むことにつながりますので出来る限り動かないように固定する、といった工夫が必要になってきます。 実際に捕縛に従事していた役人の修得した日本武術の柔術各流派には独自の縛り技法が伝えられていたそうです。
時代は流れ、性的な表現の幅が広がるとともに、この緊縛術はセクシャルなプレイの一環として、緊縛が幅広く取り入れられるようになっていったのです。

緊縛に用いられる素材についての説明です。
縄には大きく、麻縄と綿ロープがあります。

一般に緊縛で使用される麻縄はジュート縄が主流となっており、ジュート縄は伸縮性が無いので緊縛には向いている素材といえます。 ただ、そのままでは表面にケバが立つため“なめし”と呼ばれる処理(火で炙る、ベビーローションを馴染ませる、煮込むなど)が必要となり、手入れを怠るとパートナーに掻痒感などのストレスを与えてしまいます。

ジュート縄は非常に滑りにくい自然素材であるので、細かなザラつきが皮膚を受け止め、大きな力がかからない限りは皮膚を傷める心配はないとされています。

綿ロープはアクリル製で伸縮性があり、見た目にも鮮やかなのですが、力をかけた時に皮膚とのズレが生じやすく、擦過傷を起こす可能性もあります。

好みもありますが、まずは綿ロープで十分に慣れてから、麻縄に移行するのがいいでしょう。
縄のアイテムは、より被支配欲を充足させたい方にお薦めいたします。

HOME | 出勤情報 | 料金 | ご利用の流れ | 求人情報 | お問い合わせ | ご利用規約・免責事項 | 体験漫画
アンケート | 使用器具説明 | 用語解説 |

PAGE TOP