アンケート

ディック・峰
シンディ
チュパカブラ

用語解説集

性的倒錯(パラフィリア)

性的倒錯(せいてきとうさく)は英語で パラフィリア(Paraphilia)と言い、人間の性に関連する行動において、精神医学における病理的な精神疾患と診断される症状(性的嗜好)を指します。広い意味においては性道徳や社会通念(常識)から逸脱した性的嗜好(せいてきしこう)を指します。

ただし、性道徳や社会通念は抽象的な概念であることから、その基準や境界線は時代や文化、個人の価値観によって多様な解釈や定義が存在します。 また、それらの多様な解釈や定義が偏見や差別の原因になる可能性もあるので、充分な注意や配慮が必要であるといえます。

精神疾患(精神障害)の一種として診断される症状(性的嗜好)を指しますが、精神医学においても基準や境界線を厳密に定義することは困難であり、以下で述べる症例が、必ずしも精神疾患に該当するということにはなりません。また、あらゆる精神的または心理的な病理と同様に、古くから存在が確認されている症例もあれば、プライベート性が高く第三者に認識されにくい症例、時代や文化の変化と共に新しく誕生する(発見される)症例などもあるようです。

例として、自動車やバイクなどに対して性的指向を持ち、最終的に機械そのものと性行為に及ぶ「オートエロティシズム」や、企業や団体が採用する制服やスポーツウェアなどに対して性的指向を持つ「ユニフォーム・フェティシズム」などは、当然のことながら、自動車が発明されたり制服が公開されたりするまでは、誰にも認識されることがなかった症例ということになります。
語源
現在、各国で通用する英単語の「パラフィリア(英語:Paraphilia)」の語源は、ギリシア語の前置詞で「横」や「脇」を意味する「パラ(英語:para)」と、古代ギリシア語の名詞で「愛」を意味する「フィリア(英語:philia)」を足した言葉で、直訳すると「横に逸れた愛」といった意味を持つ。

病理学的な専門用語として客観的かつ中立的に表現し、偏見や差別を防止する目的で使用されるようになった造語であります。 「変態」や「異常」という言葉はもちろんのこと、「倒錯」や「逸脱」といった言葉でも一般的には誤解を招きやすく、客観性や中立性に欠ける表現になりかねないとの配慮から、アメリカ精神医学会(APA)や世界保健機関(WHO)などで使用されている、精神疾患であることを総合的に意味する「 メンタル・ディソーダー (英語:Mental disorder)」や、前述の「パラフィリア」などの専門用語を積極的に使用する方が望ましいとの意見もあるようです。
性的嗜好やフェティシズムとの類似性
精神医学におけるパラフィリアの定義や分類は、一般的な性的嗜好やフェティシズムの定義や分類と重複したり混同する場合が多いようです。例として、サディズム(加虐性愛)やマゾヒズム(被虐性愛)などの用語はパラフィリアの属性にも存在していますが、同時に一般的な性的嗜好や性風俗などの用語にも存在しており、実用上の区別としては厳密な基準や境界線は定義されていません。

従って、両者が混在して曖昧なまま使用されるような状況も散見されております。なお、パラフィリアとして診断される場合の性的嗜好は、厳密には「性嗜好障害(せいしこうしょうがい)」や「性嗜好異常(せいしこういじょう)」などの用語が使用されています。
フェティシズム詳細解説
HOME | 出勤情報 | 料金 | ご利用の流れ | 求人情報 | お問い合わせ | ご利用規約・免責事項 | 体験漫画
アンケート | 使用器具説明 | 用語解説 |

PAGE TOP